価格破壊は現実的ではない

価格破壊は現実的ではない

価格破壊は現実的ではない

ネイルサロンも増え、2〜3000円の低価格サロンが増えてきているのだが、果たして現実的なのだろうか?
どんなに頑張ってもサンディングしてベース塗って、ラメグラデーションなど時間のかからないデザインをしたとしてもある程度熟練したネイリストでしっかり仕上げるのに30分から40分かかる。
もちろん、ネイリスト1年目でも同じ時間に仕上げられるか?と言えば可能だが、同じクォリティーではないことが多い。
クオリティーが低いと、リフトなどの原因になり安物買いの何とかとなりかねない。
さらには、急いで施術をするということはサンディングも雑になりやすいので、自爪への負担も多く、結果として損をするのはお客様となるわけだ。
サロンとすれば低価格であればあるほど、回転数(お客様を増やす)ことで経営安定化を図るので、多少雑でもその価格でやって欲しいというユーザーはかなりいるので、多少の失客は範疇の上なのだろう。
こうなると、施術者側も「多少の失客は構わない」という案に納得してしまい、リピートさせる技術というものが二の次になってしまう。
ネイルがブームとは言え、まだまだネイルサロンを利用した事がない人も多く、低価格サロンはその裾野を増やすには一見良い影響と見えるが、そういう層に雑な施術をしてしまうことによって、「ネイル=爪が痛む」というイメージが植えつけられてしまい、結果としてネイル業界全体の低迷につながるのではないだろうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ